バレンタインデー。

本日2月14日はバレンタインデーです。

バレンタインデーとは女性が男性にチョコを渡すと同時に愛の告白をする日、ということは誰もが知っていることですよね。

ではバレンタインデーの起源はご存知ですか?

元々バレンタインデーというのは今から1,800年前、ローマ帝国時代のキリスト教司祭のウァレンティヌス(バレンタイン)の名前にちなんで名付けられました。

当時は兵士が故郷に愛する人を残したままだと士気がさがるという理由で婚姻を禁止されていたのですが、それを憐れみ皇帝に内緒でバレンタインは結婚式を行なっていました。

やがてそのことが皇帝の耳に入ってしまい、バレンタインはそれを辞めるよう皇帝から命令を受けます。

ところがバレンタインは毅然として皇帝の命令には屈せず兵士のために結婚式を続けていたのです。

結果バレンタインは処刑されてしまうのですが、その処刑された日がユーノー(家庭と結婚の神)の祝日であり、それが2月14日であったということです。

それから2月14日は『恋人たちの日』として残っていきました。

そして日本のバレンタインデーでは昭和11年2月12日の新聞で、モロゾフが「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というキャッチコピーを出したことが始まりとされ、そこからバレンタインデーには女性が男性にチョコを贈る、という文化が根付いたそうです。

バレンタインデーの起源、いかがだったでしょうか。

1,800年の長い月日を経てもなお語り継がれる司祭バレンタインの想いとともに、本日は女性からの気持ちをしっかりと受け止めるのも男性の役目かもしれませんね。