節分。

節分。

そもそも節分ってなに?

何で豆を撒くの?

恵方巻きってなんぞ?

今年はどっちに向いて食べろと?

簡単に解説をしていきましょう。
節分、それは季節の分かれ目のことを指します。
季節の分かれ目というと、春夏秋冬が出てくると思いますが、2/3が節分ということは•••。
そう、2/4が立春だからです。
言わずもがな前日の2/3が分かれ目だから節分なのです。

さ、次々いきますよ。

何で豆を撒くの?
それは皆様ご存知厄払いのためです。
鬼は〜外〜福は〜内〜。
新しい春を迎えるに当たって邪鬼を祓うために豆を撒くのです。
時々節分の時期に見られるお化けのコスプレは、中国では鬼=霊とされている流れなのかもしれません。

そして、恵方巻きとは?
恵方巻き•••。
この言葉に違和感を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何を隠そう恵方巻き。
これは最近出来た言葉なのです。
某コンビニが1998年に商業戦略のために作り出した言葉なのです。
それまでの恵方巻きは様々な呼び方があり各地方で異なっていました。
そこを某コンビニこと、セ◯ン◯レ◯ンは恵方巻きという商品名を作り出し世に放ったのです。
すごいですね、コンビニの力って。

最後の疑問、今年はどっちを向くの?
これは即答です。
2016年は南南東を向いてかぶりついてください。
そして来年は北北西、再来年は2016年と同じく南南東。
さらにその翌年は東北東、西南西と続き、
2021年にはまた南南東に戻ってくるのです。

えっ!!?順番!?

そうなんです。恵方は4種類しか存在しないんです。

南南東

北北西

南南東

東北東

西南西

南南東(以下ループ

しかも40%は南南東という事実。
分からなかったら南南東向いてりゃいいんですよ。

いかがでしょう。
少し節分に対しての見方が変わったのではないでしょうか。

調べてみると様々な発見があるので楽しいですね(ガッカリ顔