1/24って何のこと??

1/24です。

これは1月24日ではありません。

皆様、1/24という数字を見ると何か思い出しませんか?

そう、24分の1のことです。

1/24スケールというとなお分かりやすいのではないでしょうか。

小さい頃にプラモデルやミニカー等で遊んだことがある方ならば記憶に残っていると思います。

全長4mのフェラーリが約17cmまで縮小されています。

それはまさに男のロマンでありました。

というわけで1/24という数字は日付けだけではなくてこういうことも連想させられます。

さて、そこで1つ疑問が。

なぜ1/24なのでしょう。

大体そのくらいがちょうどいいのでしょうか?

どうやらそれには理由がありました。

元々欧米発信のプラモデルですが、初めに縮尺の大きさを、1フィート(30.48cm)を何インチ(1インチ2.54cm)で表現するかを決めたことからきています。

1cmの100倍が1mであるように1インチの12倍が1フィートです。

もちろん様々な大きさのプラモデルがあるのですが、車のプラモデルを作るときに一番手頃だった縮尺のサイズが1フィートを1/2インチくらいだったそうです。

本来の大きさ30.48cmを2.54cmの半分1.27cmで表現するのです。

1.27cmを24倍すると•••30.48cm!!(当たり前か)

なるほどなるほど。

1/24がキリがいい&ちょうどいい大きさなんですね。

もし1/26スケールだったら•••1フィートを23/50インチで現すことになります。

•••••••••。

まぁなんともキリの悪いこと。

やっぱ1/24が一番いいんですよ。