月別アーカイブ: 2016年6月

ハーメルン。

ハーメルン。

皆様ハーメルンと聞くと何を連想しますか?

連想するも何もドイツにある地名なので質問自体が的外れなのかもしれませんが•••。

しかしこれでは話が進まないので無理矢理切り開いていきます。

ハーメルン、この言葉でまず初めに出 てくるのが「ハーメルンの笛吹き男」ではないでしょうか。

この言葉、一度は耳にしたことがあると思います。

ハーメルンの笛吹き男。

さて、これは一体どういう男(話)なのでしょうか。

意外とその内容までは知られていないかもしれないので今日はそのお話をしようと思います。

1284年ハーメルンの街はネズミが大量発生し、様々な害悪をもたらせていました。

そんなある日ハーメルンにとある男が現れます。

それは色とりどりの布を体に纏った一見風変わりな男。

現在で言うピエロの様な格好だと想像してください。

その男は言いました。

「報酬をくれるのなら、このネズミ達を退治してあげましょう。」

と。

人々はそれを承諾し報酬をあげることに。

すると男は持っていた笛を吹き始めました。

男が音楽を奏で始めると街中のネズミが男の元に集まり、そのまま男はヴェーザー川に向かいネズミ達を溺死させたのです。

もちろんネズミ退治を終えた男は人々に報酬求めたのですが、なんと人々は約束を破り報酬を拒否。

そして男はそのまま街から姿を消したのです。

時は、経ち6月26日。

その日ハーメルンに住む大人達は教会に集まっていました。

大人達が皆教会にいるそんな時にまた“アノ男”が現れたのです。

男は笛を吹きながら通りを歩いて行きます。

すると以前ネズミが男の元に集まっていった様に、家にいた子供達が男の元に集まっていったのです。

その数はなんと130人。

子供達を引き連れた男はそのまま街の外に出て行き、山腹にある洞穴に向かって行きました。

そして洞穴の内側から岩で入口を塞ぎ、男と子供達は2度とその洞穴から出てくることはありませんでした。

これがハーメルンの笛吹き男の言い伝えです。

•••言い伝え?

本当に言い伝え?

どうやらこれらただ単に言い伝えだけではないようです。

詳しい文献は出てこないですが数々の方面からこのハーメルンの笛吹き男に関しての話が残っております。

ただ、それらは殺人鬼による大量虐殺であったり、伝染病による大量死などそれは決して良い話ではありません。

それを笛吹き男を死神の象徴として残されているのが極自然な考え方なのではないでしょうか。

今でもトランプのジョーカーなんかはピエロで描かれていることからも容易に想像出来ますよね。

日本に伝わる昔話でもこういった類の話をよく耳にします。

かちかち山、桃太郎、浦島太郎。

これらも実は恐ろしい真実が隠されている可能性があります。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

違うか。

ローゼンバーグ夫婦。

今日は6月第3週目の日曜日。

そう!父の日です!

私も二児の父として娘たちから•••特に何もありませんでした。

というわけで父の日の話はしません。

今日はお父さんではなくて夫婦、ローゼンバーグ夫妻のお話です。

今から63年前の今日6/19、アメリカでローゼンバーグ夫妻の死刑が執行されました。

この夫婦はドイツ出身の核科学者で、アメリカの核開発に携わる職に就きながらその傍らソ連のスパイとして、原爆製造の機密情報を流した疑いをかけられFBIに逮捕されてしまいのちに死刑判決を受けることになったのです。

逮捕当時、証拠は妻の自白のみで夫妻は無実を訴え続けていました。

しかし願い届かず裁判では死刑判決がくだります。

それに同情した支援者たちが助命運動を行い、その中にはアインシュタイン、オッペンハイマー、ピカソ、ピウス12世(ローマ教皇)等のビックネームも連なり、世界を巻き込む騒動にまで発展したのです。

さらにはこの判決を不服とする西側諸国による左翼系のマスコミ各社がアメリカ政府を避難するプロパガンダが行われることにもなりました。

気になる司法の見解はというと、きちんと供述をすれば死刑を回避するとの司法取引まで行われたのですが夫妻は供述を拒否。

結果1953年6月19日19時6分に夫が、19時16分に妻が、共に同じ電気椅子を使用した死刑が執行されたのです。

何とも言えない悲しい事件(?)であります。

さて、この事件、ローゼンバーグ夫妻の死刑が執行された後どうなったのでしょうか。

1990年代前半、冷戦が終結するまで東と西は情報の開示はもちろん、互いに睨み合いを続け常に緊張状態が続いていたため真実が明るみになることはありませんでした。

しかし1995年、ローゼンバーグ夫妻の死刑執行から42年の時を経て一つの真実が発覚したのです。

それはベノナ計画の機密が解除されたと同時に分かりました。

ベノナ計画とは1943年から1980年にかけて、アメリカとイギリスの情報機関の合同による、ソ連が発信した暗号の解読を行う極秘裏に行ったプロジェクトです。

その機密が1995年に開示されたのです。

その結果様々な事実が判明したのです。

大物議員によるスパイ活動や財務次官がソ連からコードネームで呼ばれアメリカの情報を常にソ連に流していたことなど。

その内容は前代未聞のスキャンダルでした。

そしてその中にあったのです。

ローゼンバーグ夫妻の名前が。

ローゼンバーグ夫妻はやはりスパイとしてソ連に核開発の情報を流していたのです。

何というか、映画さながらのお話ですよね。

事実は小説より奇なり、とはよく言ったもので今だからこそ言えますが、何かロマンのようなものさえ感じます。

ちなみに今日は『ロマン(6)チッ(1)ク(9)』ということでロマンスの日であります。

御礼。

2日間に渡って行われました、私のバースデーイベント、お越しくださった皆様に心より感謝申し上げます。

本当にたくさんの方々に祝福され幸せいっぱいのバースデーを迎えることが出来ました。

改めて御礼申し上げます。

★6月10日(金)11日(土)マネージャーバースデーイベント★

6/10金曜日と6/11土曜日は私高橋マネージャーのバースデーイベントです!

皆様是非お待ちしております★