月別アーカイブ: 2016年8月

ノルマルム広場強盗事件。

1973年8月23日スウェーデンのストックホルム、ノルマルム広場のクレジットバンケン信用金庫で強盗事件が発生しました。

犯人はオルソンという人物。

オルソンはその時仮釈放の身でしたが9人の人質を取り、現金と服役している仲間の釈放を要求。

事件は首相と電話するまでに至り最終的には催涙ガス注入に気付いたオルソンは自ら外に出てきて逮捕されることになりました。

事件自体は被害者、警察、犯人側にも特に大きな怪我もなく無事に解決したのですが、この事件、今でもひとつの記憶に残る形となって語り継がれているのです。

それは•••

ストックホルム症候群

ストックホルム症候群という名前、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

ストックホルム症候群とは、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人と長時間過ごすことで、犯人に対して過度の同情や好意等を抱く、一種の精神症状であります。

この事件では、犯人が寝ている間に人質が自ら警察の方に銃を向けたり、人質が犯人と協力して警察に敵対する行動を取っていたことが後に判明しております。

また、人質解放後も人質は犯人を庇い警察に非協力的な証言をしたりということからこの事件の名前に由来してストックホルム症候群という名が付けられたのです。

また、それと逆のこともあります。

それがリマ症候群です。

まだ記憶に新しい在ペルー日本大使公邸占拠事件、これは1996年12月17日に起こった、テロリストにより4ヶ月もの間日本大使公邸が占拠されるといった事件です。

こちらの事件ではストックホルムとは真逆で、教育もろくに受けずに育った若いゲリラ達は人質と共に生活することにより内情が変化していきます。

室内にあった本を読み人質と会話することにより様々なことを学びます。

外国の文化や環境に興味を示し日本語の勉強を始めたものもいたそうです。

そして最後は人質を殺めることを躊躇し自ら外に飛び出したところをペルー軍特殊部隊に射殺される若いゲリラ。

出会う順番が逆だったら•••、もし先に本と出会っていたら•••。

そうなれば彼らの人生は全く違ったものになっていたのでしょうか。

山の日。

本日8月11日は山の日でございます。

今年2016年より祝日とされました。

なんかピンと来ませんよね。

あーそう言えば制定されたんだっけねってくらいの方が多いのではないでしょうか。

山の日の抑えておくべきポイントは以下のことです。

1、日本山岳会の働きにより実現
2、6月と8月が候補にあがっていた
3、当初は8月12日であったが日航機墜落事故の日だったので11日になった
4、8月が山のシーズンであるから
5、2014年6月に発布されたが、周知する期間とカレンダー作成のために2016年から施行された

まぁこんなもんでしょうか。

山の日についてはこれくらいにします。

6月生まれの私からしたら本当にどうでもいいんですよ。

金と銀。

金銀と言えば真っ先にメダル、そして銅が思い浮かびます。

金銀銅メダル。

8/5に開幕するリオデジャネイロオリンピックももうそこまで近づいています。

4年に一度の祭典とあって盛り上がりも最高潮に達しております•••

が、今日はオリンピックの話は致しません。

本日の日付8/1と金と銀。

これにまつわるお話です。

今から124年前の今日8月1日にある双子の姉妹が生を授かりました。

その名も矢野きんちゃんと矢野ぎんちゃん姉妹です。

その名を聞けばお分かりだと思いますが、1990年代に一世風靡したあの長寿姉妹で有名な‘きんさんぎんさん’です。

2000年、2001年にお二方は亡くなられてはいますが107歳と108歳まで元気な姿を我々に見せてくれました。

お二人が生まれた1892年といいますと明治25年。

明治25年は私の相方、又吉がこの前受賞した芥川賞でおなじみの芥川龍之介などが生まれています。

きんさんぎんさんは芥川龍之介と同級生だったのですね。

そう考えると本当に遠い昔のように、そしてとんだ長寿なんだと思い知らされます。

今でこそ100歳を超える長寿の方々は増えてきておりますが、当時は100歳超えと更に双子ということでメディアに引っ張りだこでした。

CDを出したりCMに出たりと本当に日本中の人気者として活躍しておられました。

そして多額のギャランティを受け取った際に記者からの「お金を何に使いますか?」という質問に2人揃ってこう答えております。

金銀「老後の蓄えにします。」

と。

ユーモアたっぷりのきんさんぎんさん。

私も双子揃って100歳を迎える日がくるのでしょうか。

そうそう、実は私も双子なんです。